読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【反日宣伝映画 標的の村】親のこころ 子知らず 日本のこころ 国民知らず

 

イメージ 1

 

2013/08/16 に公開
 
~~~~~~~~~~~~~~
 この映画は、元々反日無法支那勢力に起因する「国と地方・住民」を対立させることを目的に作成された反日偏向映画である。
70年代における反日左翼と住民が一体と化した、反国家運動である日米安保闘争を思い出す。
またこの記事は反日偏向報道であることは言うまでもない。
何故なら
わが国は戦争勃発の戦時体制に突入しつつあることを一切無視している。
全く住民を食い物にし、舐め切った反日メディア偏向映画である。
 
住民を取り巻く、沖縄の政治軍事情勢、東アジアの軍事情勢を避けているため、住民は軍事情勢を理解していないのか口にすることもない。
 
住民の苦渋の立場を利用し、「わが村だけ良ければ良い」「沖縄だけ良ければ良い」という方向に誘導・煽動している支那の手先である翁長県知事、日本共産党社民党、社大党、生活の党をご存じないだろうか?
 
チベットやウィグルなどにおける支那の虐殺・横暴をご存じないだろうか?
 
この沖縄における争いは、唯一「支那の沖縄属国化」に起因していることに気付かないのだろうか?
 
一党独裁中華共産主義政治体制下においては、憲法の上位に中国共産党が君臨し
私有財産制度はない。企業はすべて国有化。選挙制度なし。異動制限。などをご存知無いのであろうか?
 
わが国は無法支那により、やむなく戦時体制に移行せざるを得ない状況下にあることを深く認識したほうが良い。
 
「戦時体制下においては、軍需物資の生産を極大化するために企業や国民が組織化されて動員が図られ、しばしばその目的の障害となる国民の私的領域である人権やプライバシーの抑圧が伴う。」
このような体制下を採らなければ、支那の沖縄占領がたやすくなってしまうのである。
 
わが国は支那とは政治体制が異なる自由民主主義陣営に属し、とりわけ人権やプライバシーを大切にしていることも頭に入れておく必要がある。
 
「国破れて、年金制度なし、世界一の医療制度なし、言論の自由なし」