読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅谷昭松本市長は、共産党の支援を受けて当選した。

イメージ 1
 
 

来歴

長野県更埴市(現千曲市)生まれ。信州大学医学部卒業。聖路加国際病院での研修を経て、信州大学医学部第二外科学教室に入局。1976年トロント大学に留学して甲状腺疾患の基礎研究を学ぶ。1991年から、松本市NGOによるチェルノブイリ原子力発電所事故の医療支援活動に参加する。1993年信州大学助教授に就任。
1996年から、ベラルーシ共和国の首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて、小児甲状腺癌の外科治療を中心に医療支援活動に従事した。1999年チェルノブイリ原発事故により高度に汚染されたゴメリ州の州立がんセンターで医療支援活動にあたる。2001年に日本に帰国し、長野県衛生部医監に就任。同年、吉川英治文化賞受賞。翌2002年、長野県衛生部長に就任。
2004年松本市長選挙に日本共産党の支援を受けて[1]出馬。現職の有賀正松本市長らを破り、初当選を果たした。2008年に再選。
2012年3月の松本市長選挙では、現職の菅谷以外に立候補を届け出た人物がいなかったため、無投票で3選を果たす。過去の松本市長選挙における無投票当選の例は、1976年3月の和合正治の初当選以来、36年ぶりの出来事であった。
 
【関係記事】