読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【武士道】安倍首相 G20で滞在したホテルで、清掃員に「礼」と「誠」で接する。

 
イメージ 1
© AFPBB News 提供 20か国・地域(G20)首脳会議に
出席するため中国東部・杭州市を訪れた安倍晋三首相(2016年9月5…
 
安倍首相の「達筆」ぶり、中国で称賛の声 ホテルに手書き礼状
【AFP=時事】中国のインターネット上で、安倍晋三(Shinzo Abe)首相に対する珍しい称賛の声が相次いでいる──ただその理由は外交政策ではなく、筆の腕前に対してだ。
 中国と日本は現在、領海や戦争史観の問題で対立しており、安倍首相は南シナ海(South China Sea)の島々をめぐる中国の主張を批判し、反発を招いている。
 だが先週、中国東部・杭州(Hangzhou)市で開かれた20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)で滞在したホテルで、安倍首相が清掃員に残したとされる手書き礼状の存在が明らかになり、同首相に対する称賛の声が上がっている。
 安倍首相の氏名と肩書き、日付に加え、「感謝」の文字が書かれている礼状は、日本最大とされる中国語ニュースサイトを創設したジャーナリストが先週、中国版ツイッターTwitter)の「新浪微博(Sina Weibo)」に投稿。14日までに700回以上再投稿された。
 新浪微博上には、「字がきれい」といったコメントの他、「この小さな行いは日本の教養を示している」として、安倍首相の細やかな気配りや日本のすばらしさをたたえる投稿などが相次いでいる。
【翻訳編集】AFPBB News
 
 
 本来、武士道は日本人の道徳規範でもあり、生き方であり、親から子へ有形・無形を問わず、すべての日本人に受け継がれてきたこころの持ち方である。
また、現代においてもか細くも脈々と継承されている。
 
「礼」とは他人に対する思いやりを表現することであり
また「誠」とは誠実であることであり、嘘やごまかしは他人への裏切りであり、自分自身への恥である。誠実であることは他人を尊重することでもある。
 
「義」と「勇」は武士道の光り輝く最高の支柱である。
何が正しい行いであるか、筋が通っているかを熟考し、正義を悟り、勇気を奮い立たせることである。正義は生死をも超越するのである。
 
「仁」は民を治める者の必要条件である。
仁徳は礼や誠など武士道の道徳規範と相まって上に立つ者の絶対条件である。
 
「名誉」は、「人に笑われるぞ」「体面を汚すなよ」「恥ずかしくないのか」などという言葉は過ちを犯した少年の振る舞いを正す最後の切り札でもあった。
 
「忠義」とは主君に対する臣従の礼と忠誠の絶対的義務である。 そして忠義には「忠言」という言葉がある。
ただむやみに主君に服従するのではなく、日ごろの主君の長短、行い、意図を理解し主君の誤りを正そうとする発言である。
自分の意見が通れば、認められたことにより、主君への忠誠心がさらに高まることを意味する。
 
 これらのことにより臣民は主君の意図の下、積極的・意欲的に真心のこもった、また勇気ある行動ができるのである。
また臣民は「自分は単なる将棋の駒ではない」ことを悟り、上下左右周囲と協調して共に生きることを学ぶのである。
 

【反日の巣窟 西早稲田2-3-18】ユネスコ記憶遺産に昭和天皇を銃殺刑にする絵?

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
【女たちの戦争と平和資料館展示】
東京都西早稲田2-3-18
 
 
2 時間前にライブ配信開始
 
この問題の主導権を握っているのは中国でも韓国でもない。
主導権は日本の団体「戦争と平和の性暴力ネットワーク」が握っている。
 
【関係記事】
 
【在日崩壊】「新宿区西早稲田2 3 18」に関するとんでもない新事実が発覚!!!
https://www.youtube.com/watch?v=TG4CNfrQdKs
 
 
反日の巣窟 西早稲田2-3-18関係記事一覧】
 
 
 

【敵味方識別装置】反安倍と安倍支持の識別が難しくなってきた

boisu.PNG
 
私は基本的に安倍政権支持の立場であるが
最近、安倍政権に対する様々な意見のうち
安倍支持か反対かを見抜くのが難しくなってきたと感じている。
 
そこで次のように分類してみた。
【核心的安倍政権打倒批判】
【政策に対する非難】
【単なる文句】
【好意的非難】
【助言】
【忠言】
 
最近、特に多い安倍批判は、
8月15日に靖国参拝をしなかったことに対する非難
日韓合意で10億円韓国に支払ったことに対する非難
支那尖閣上陸対応に関する非難
出目疑惑に対する非難(?)
自民党に対する非難
などである。
 
問題は
怒りの忠言がいつの間にか、核心的安倍政権打倒にすり替わっているように感じられる意見である。
核心的安倍政権打倒は共産党であり、これと共闘する民進党社民党、これら党の下部組織である中核派や核マル派など多数の団体であり、敵味方識別が容易である。
 
一方、例えば
靖国を参拝しなかったことに対して「安倍自民党はもうお終いだ。」などという意見は「忠言」なのか「核心的安倍打倒の共産党」なのか良く分からない。
 
更に問題なのは
この意見を読んだ付和雷同の一部国民が反日・反安倍に傾いて行きやすいことである。
 
群集は、周囲に反安倍が多くなれば、引きずられて、これに乗りやすい。
更に反安倍が加速され、あっという間に膨れ上がる。
デマゴギーやパニック効果により反安倍の嵐が吹きまくる。
つまり大衆心理というものの恐ろしさはここにある。
 
首相や閣僚が靖国神社に参拝しないこと」は確かに重要であり国益を損なう。
慰安婦問題における今回の韓国に対する10億円の贈与もまた許されないことであろう。
8月15日 支那尖閣上陸という情報があるのにも拘わらず、安倍政権は、気楽にことを構えていた。
 
上記三事項に対して世界情勢を俯瞰・分析し決断する安倍政権の立場になって擁護するならば次の事が言える。
 
 
また、大東亜戦争敗戦以降における我が国外交は、土下座外交・短期政権の連続であった。
軍事力もなく、交戦権も容認されていない状況下では米国に頼らざるを得ないのは全く仕方のないことであった。
 
 わが国が軍事に関わることを口にすることすら非難が殺到した。
自衛隊員となった者には「税金泥棒!」「戦争反対!」と石を投げつけられることも多くあった。
自衛隊の子弟は学校でも差別を受けた。
「お前の父親は人殺しだ!」と担任教師から言われた例もある。
 
しかし
長い土下座外交の時を経て
昨今、実際に軍隊の必要性が理解され、断言された。
愚かにも、軍事侵略の危機を察知してから、その力の必要性が広く受け入れられた。
徐々にGHQの我が国洗脳をときほぐす時が来たのである。
戦後レジームからの脱却」「憲法改正」を本格的に訴えたのは、安倍政権が初めてであり、多くの国民が同調したから現政権があるのである。
この大きな流れは、必然性を帯びており、国家の主権の獲得・維持に向かっていることは当然の帰結であろう。
 現在、我が国は「気は優しくて、力持ち」の桃太郎侍の伝統・精神に回帰途上である。
 
 
 
 
 
 

松本日中友好協会の姿勢は、真の友好にならないのではないか?

イメージ 1
松本日中友好協会役員と話す中国国際放送の馬副局長(左)
 
北京五輪報道「長野に学ぶ」 中国の放送局、県内に取材団
 中国の対外ラジオ、中国国際放送局の馬博輝副局長が21日、松本市を訪れ、松本日中友好協会の役員らと懇談した。開局75周年に合わせて来日し、東京や長野、山梨県などの関係団体を訪問する行事の一つ。懇談では、2022年北京冬季五輪の報道の準備に向け、1998年冬季五輪を開いた県内に取材団を派遣する考えを明らかにした。

 松本日中友好協会による歓迎昼食会で、馬副局長は「冬季五輪に関して長野に学ぶことは多い。取材団を派遣し、報道の準備をしたい」とあいさつした。派遣の具体的な時期には触れなかった。「長野は長寿の里で、北アルプスがある。この2点を中国で宣伝する」とも述べた。

 同協会によると、中国国際放送局の日本語放送には県内にもファンがいるという。協会の相沢孝夫会長は「日中の懸け橋となってきた放送局のさらなる発展を期待する」と述べた。

 一行は19日に県内入りし、20日は長野市で県が歓迎昼食会を開いた。

(8月22日)
 
 
 「軒を貸して母屋を取られる」ということわざがある。
つまり、「一部を貸したばかりに全部を取られることのたとえ。また、恩を仇で返されることのたとえ 」である。
 
日中の間では政治体制・主義・価値観が異なるということを先ず押さえておこう。
支那の政治・外交はすべて共産党の意志の下に決定され、実行される。
したがって、単なる友好団体といえども、我が方としては、事前に市・県・政府の行政サイドと意見調整し、国家的レベルで対応する必要があるだろう。
 
五輪報道の後、そのまま居座られ、県民に対する洗脳報道をされても困る。
支那人観光客が北アルプスに入山し、高山植物を根こそぎ泥棒される恐れもある。
人見知りしない雷鳥を捕獲し、その場で焼いて食われかねない。
空き缶や・残飯などのゴミも大量にまき散らかされるだろう。
五星紅旗北アルプスを取り囲み「ここは我々の領土だ!」「取られる方が悪い」と叫ばれては、もはや手の打ちようもない。
「そんなバカな」と思われる紳士淑女がいるだろうが、実際に現在の沖縄尖閣諸島の侵略の実状からして、その二の舞になってしまう。
 
先の長野冬季五輪においては、中国国防動員法の予行演習が行われた。
善光寺ではダライラマ14世を招聘した折、支那政府がこの招聘にケチをつけた。
支那政府主導の反日暴力デモでわが国は手痛い目に遭わされた。
小笠原・伊豆海域では支那テロ船団が赤サンゴを根こそぎ泥棒し、この損害は計り知れない。
佐久地方では、水資源を求めてか土地の買い占めが行われようとした。
北海道や新潟、東京では既に土地が買い占められてしまった。
 
友好という名のお付き合いは、まさに支那の高等戦術であることを肝に銘じなければならない。
 
 

【反日宣伝映画 標的の村】親のこころ 子知らず 日本のこころ 国民知らず

 

イメージ 1

 

2013/08/16 に公開
 
~~~~~~~~~~~~~~
 この映画は、元々反日無法支那勢力に起因する「国と地方・住民」を対立させることを目的に作成された反日偏向映画である。
70年代における反日左翼と住民が一体と化した、反国家運動である日米安保闘争を思い出す。
またこの記事は反日偏向報道であることは言うまでもない。
何故なら
わが国は戦争勃発の戦時体制に突入しつつあることを一切無視している。
全く住民を食い物にし、舐め切った反日メディア偏向映画である。
 
住民を取り巻く、沖縄の政治軍事情勢、東アジアの軍事情勢を避けているため、住民は軍事情勢を理解していないのか口にすることもない。
 
住民の苦渋の立場を利用し、「わが村だけ良ければ良い」「沖縄だけ良ければ良い」という方向に誘導・煽動している支那の手先である翁長県知事、日本共産党社民党、社大党、生活の党をご存じないだろうか?
 
チベットやウィグルなどにおける支那の虐殺・横暴をご存じないだろうか?
 
この沖縄における争いは、唯一「支那の沖縄属国化」に起因していることに気付かないのだろうか?
 
一党独裁中華共産主義政治体制下においては、憲法の上位に中国共産党が君臨し
私有財産制度はない。企業はすべて国有化。選挙制度なし。異動制限。などをご存知無いのであろうか?
 
わが国は無法支那により、やむなく戦時体制に移行せざるを得ない状況下にあることを深く認識したほうが良い。
 
「戦時体制下においては、軍需物資の生産を極大化するために企業や国民が組織化されて動員が図られ、しばしばその目的の障害となる国民の私的領域である人権やプライバシーの抑圧が伴う。」
このような体制下を採らなければ、支那の沖縄占領がたやすくなってしまうのである。
 
わが国は支那とは政治体制が異なる自由民主主義陣営に属し、とりわけ人権やプライバシーを大切にしていることも頭に入れておく必要がある。
 
「国破れて、年金制度なし、世界一の医療制度なし、言論の自由なし」
 

【憂国の志士 桜井誠】錦糸町のロシアマフィアと池袋の支那マフィアを叩き潰すと宣言

 
28.7.28【桜井誠 候補東京都知事選 街頭演説in錦糸町駅南口
 
2016/07/28 に公開
 
憂国の志士 桜井誠街宣記事】
 

軍事学を知らない、語らない、学ぼうともしない政治家は片端(かたわ)である。